オンライン帰省しようと思う。突然言われたらどうする?

  • 2020年8月14日
  • 2020年8月15日
  • ZOOM

こんにちは!最近LEDリングライトを買おうか本気で迷っているデジタルおばさんことカトウケイコです。

さて、今年のGWやお盆はいつもと違う・・・そうです!オンライン帰省です。コロナウイルスの影響で仕方ないですね。きっとお正月もオンライン帰省する人が増えるのでしょう。そして私の年代以降の人は、帰省するよりされる側ですよね。

突然子供から「オンライン帰省しようと思うんだけど」と言われたらどうします?

え?オンライン帰省って何?、一体どこに行くの?というか盛り上がるの?

という事で私なりにオンライン帰省の楽しみ方を考えてみました。

オンライン帰省とは

オンライン帰省とは、ざっくり言うと、ZOOMとか、LINEなどを使ってビデオ通話する事ですね。遠く離れた家族と顔を見ながらお話しする事です。

オンライン帰省のいいところ

いいところは、交通費がかかりません。場所や時間にしばられる事なく、いつでも家族とつながれます。

オンライン帰省の残念なところ

残念なのは、なんと言っても帰省の醍醐味、実家の手料理が食べられない、食べてもらえないことですね。「お母さんのこの味が食べたかった!」って言ってもらえるのも楽しみに一つですもんね

オンライン帰省のやり方

まず、ビデオ通話するためのツールを用意します。家族が一番使いやすそうなツールを選びたいですね。

LINEが一番メジャーなツールだと思うのですが、私はZOOMをおすすめします。

ZOOMとは、ビデオ会議システムのことですが、最近では飲み会や習い事にも使われることも多いですし

最新アップデートでは、フィルター機能の追加や画面の明るさが変えられるなど、プライベートで使うのに便利になりました。

ZOOMはとても簡単に接続できますので、事前にパソコンへインストールや、スマホへアプリをダウンロードしておきましょう。

ちなみに、今後のことも考えるとスマホよりパソコンの方がおすすめです。画面も大きいし会話しやすいです。

オンライン帰省の楽しみ方

久しぶりに家族と顔を見ながらお喋りするだけでも楽しいですが、いつもと違う雰囲気に今ひとつ盛り上がれない・・

実際に会っていれば、多少の沈黙も気まずくないですが、オンラインでつながると、つながっている間はずっと会話をしなければいけないのって、ちょっと疲れますよね。

そんな時は、画面共有を上手に使うといいと思います。

画面共有すると、写真や動画を一緒に見れます。私たちの子供世代はZOOMの使い方は解っているのでお任せしましょう!

なので、子供の小さい頃の写真なんかをスマホで撮って予め子供に送っておいて、それを画面共有で一緒に見ながら想い出話しに花を咲かせるなんて素敵ですね。

また、お母さんの手料理が食べれないのなら・・・その作り方を教えながら一緒に料理するのも楽しいですね。「オンラインおふくろの味の再現」も可能?

やり方はカンタン!ZOOMにつなげたまま、一緒に材料を切ったり味付けして完成させます。ただ、ZOOMの無料アカウントは制限時間が40分なので、40分以内に仕上がるメニューにしておきたいですね。

こうなってくると、お盆とかお正月とか関係なく離れて暮らす家族とつながれる事に、今さらながら便利な時代になったと実感します。

オンライン帰省の楽しみ方、いろいろありそうですね!せっかくなのでこの機会に新しい生活スタイルを楽しみましょう

最新情報をチェックしよう!